日本

カジノリゾートはどのように社会に役立つのだろうか?

カジノリゾートは経済成長に寄与し得ると考えられています。具体的には以下のように社会経済に資するとされています。  カジノリゾートは多数の雇用を創出する施設です。商業的なギャンブル施設で勤務し、期待されるレベルのサービスを提供するためには、従業員は特別なトレーニングを受ける必要があります。さらには、経理や警備担当といったカジノでの職種によっては、一層専門性の高い知識や技能が必須です。  カジノリゾートが、他の産業界においても機会を創出することが期待できます。カジノの来場者は、レストランで食事し、ホテルに宿泊し、小売店でお土産を購入し、タクシーやレンタカーで移動します。  ある地域にカジノリゾートが開設された場合、各種店舗や多くのサービス業種に好ましい経済的効果が及び、その周辺での失業率が減少するはずです。  政府はカジノから税収を得ることができます。多くの場合、そうした税収は当該の地域社会での教育水準の引き上げなど、公共の利益に役立てられます。 

日本、カジノ設立に向けて全力投球

長年にわたってお金の遣り取りを伴うギャンブルは公営のもの以外違法とされてきました。カジノは存在せず、そのため、熱心なギャンブラーは他の方法で腕を磨くことを余儀なくされていたのです。日本人プレイヤーたちは、ヨーロッパやアメリカ、さらには中国など、世界を周り、お気に入りのギャンブルゲームを何とか楽しもうとしてきました。しかし、大きな変化が今起ころうとしています。成立した新しい法律がやがて施行され、ギャンブルに対する規制が大幅に緩和されようとしているのです。  日本がどのようにカジノ産業の立ち上げに向けて全力投球しているかは、内外からの注目の的となっています。IR推進法は、カジノの合法的な運営を可能とします。つまり、カジノ内で実際にお金を賭けてゲームをしても法的な問題にはならなくなるというわけです。カジノで一般的に行われるテーブルゲームやスロットマシンはすべてプレイ可能となり、お金を自由に賭け、払戻金を気兼ねなく受け取ることができるようになるのです。  国民の多くにとって、ギャンブルの合法化は非常に意味のある変化だと考えられます。日本では他の何通りかのギャンブルがずっと人気の的でした。サッカーの試合結果、競輪、オートレース、競艇といった公営ギャンブルを人々は何十年も楽しんでいます。日本政府は半世紀以上前から宝くじを販売し、人々は当せんへの期待に心を焦がしてきました。オンラインでのギャンブルに対しての規制は無いとは言え、カジノの実店舗に歩み入る興奮はまったく別物だと言えるでしょう。  熱心なギャンブラーたちの期待に応えるカジノリゾートの日本での開設と運営にいくつかの企業が興味を示しています。カジノリゾート実現に向けて尽力することが理に適ったビジネスアイデアと考えられる理由は以下の通りです。  日本は世界でトップクラスの経済力を有しています。日本在住の人々に、日本国内に還元されるようなお金の使い道を提供することは、海外での浪費を余儀なく放置している現状よりも、はるかに妥当です。  カジノは多くの雇用を創出します。ウェイターやディーラー、警備担当者、そして、どのような職種であれ、カジノの運営に関わる人々はこの成長産業の様々な側面で前向きな機会を何らかの形で得られるようになります。  日本にギャンブル好きの人々が数多く存在することは明らかです。お金を賭けてのカジノゲームが規制されてきた一方で、スポーツくじや他の公営ギャンブルは常に人々の関心を集めてきました。カジノの合法化は、法的な問題無しにギャンブルという娯楽を楽しめる素晴らしい経験となります。  これまで、国外でお金を賭けてギャンブルを楽しむことへの罰則は有りませんでした。つまり、日本国外にお金が流出していたのです。その代わりに、ギャンブルに費やすお金を国内に還元させ、地域社会や各種産業界を潤すような流れを実現することには大きな意味があります。  ギャンブルを合法的に楽しめる海外のカジノまでの往復には多額の旅費が必要です。外国への旅行には、移動と宿泊に無視できないほどの費用がかかりますが、そのお金はむしろ国内で使用する事が日本人ギャンブラーたちにとっても他の日本人にとっても最善です。  カジノリゾートを新たに設立することで、非常に多くの外国人ギャンブラーたちの関心を惹くことができます。そうしたギャンブラーたちが、日本国内を旅行することが期待できます。カジノリゾートの設立は、間接的に、日本の文化を海外に向けてアピールし、観光収入を増やす良い機会になるということです。  日本国内での大規模な建設は、多くの場合、エポックメーキングなものになります。日本でカジノリゾートが設立されるとしたら、家族向けの娯楽も数多く用意された、世界有数の素晴らしいものになることでしょう。しかし、誰もがカジノリゾートに前向きなのでしょうか?  IR推進法に不安を抱く人々も皆無ではありません。カジノを合法化しても期待する結果は得られないのではないかと危惧している政治家や一般の人々も一定数存在しています。とは言うものの、日本は既にカジノリゾート設立の方向に舵を切っており、この政策はやがて好ましい経済効果として結実すると見込んでおくことが現時点では生産的です。